HOME > 新着情報 > 赤ちゃん筆Q&A

赤ちゃん筆Q&A

2017.05.25
更新

よくある質問をまとめてみました。

Q.1 胎毛筆の由来は?


・・・お子様のすこやかな成長と頭脳明晰、達筆を祈願し、「生涯のお守り」「一生の宝物」として、母親のおなかの中で育まれた赤ちゃんの髪の毛(胎毛)を筆に加工したのが始まりです。

赤ちゃんの髪の毛(胎毛)は毛先があり一度ハサミを入れてしまうと二度と生えては来ません。そんな貴重な体毛でおつくりする赤ちゃん筆は、一生に一度しか作れない記念品として喜ばれています。


Q.2 製作に必要な髪の毛の長さ・量は?


・・・商品によってそれぞれ異なりますが、長さ5㎝以上、束ねた毛の量が8mm(鉛筆の太さくらい)以上あれば筆に加工することが出来ます。


Q.3 胎毛が少ない場合どうすればいいの?


・・・基本的にはお送り頂いた胎毛のみで可能なサイズの筆を製作いたしますが、

製作が不可能な場合は、下記のような方法があります。


①ご家族の髪の毛を使用して製作することができます。
②一度カットされたお子様の髪の毛を再度使用し、その毛を芯にして製作
※筆の仕上げは原則として先固め仕上げとなります。


Q.4 くせ毛だけど筆になりますか?


・・・「火のし」という筆製作の工程で髪の毛のくせをとり、直毛にしますので大丈夫です。


Q.5 どれくらいの期間で商品が完成するの?


・・・1ヶ月~2ヶ月です。※商品によって製作期間が異なります。


Q.6 ずいぶん前にカットして保管してた髪の毛でも製作できるの?


・・・時間が経った髪の毛でも必要となる長さ・量があれば製作できます。


Q.7 何歳くらいで赤ちゃん筆がつくれるの?


・・・お子様によって髪の毛の量は個人差があります。必要となる髪の毛の量・長さがあれば1歳もたたない内に カットされるお子様もいらっしゃいますが、一生に一度しかつくることの出来ない大切な赤ちゃん筆ですので 3,4歳くらいまでしっかりと伸ばされて製作されるお客様もいらっしゃいます。


Q.8 商品の保管方法はどうしたらいいの?


・・・大切に保管しなければならない生涯の「お守り」「記念」の胎毛筆。

1番気をつけなけらばならないのが、虫食いとカビ。

これを予防するには湿気なく風通しの良い、

ほこりのたまらない 所にナフタリンやショウノウなどの防虫剤と一緒に保管することです。 定期的に防虫剤を入れ替えることをお忘れなく保管して下さい。



赤ちゃん筆は南草津の美容院、ヘアデザインリビングにお任せください。